Verbalの本当の素顔は?画像&動画あり!韓国人なの?本名は?

Verbal(バーバル)さんが、2017年6月にアナザースカイに出演されました。その時にVerbalさんはとってもいい人だなぁという印象を受けました。

ラッパーという職業から始まり、DJ、プロデューサー、ジュエリーブランドオーナー、LDH国際部のスタッフなど・・沢山の肩書を持つVerbalさんです。

基本的には、m-flo(エムフロー)というグループで1999年にデビュー。

m-floが軌道に乗り始め、しばらくしてボーカルのLISAさんが脱退。

グループの華を失ったm-floは、その後どうなんだろう・・・って囁かれました。

しかし、ボーカルがいないのなら、他のボーカリストをフィーチャーしてm-flo をやっていこう!

ということになり、安室奈美恵、BoA、その他数々のアーティストを迎え入れm-flo LOVES というアルバムを制作。

見事にm-floを復活させたのでした。

Sponsored Link

 

VERBAL プロフィール

verbal01
出典:https://twitter.com/verbal_ambush

 本名は、 柳 榮起〈류영기 / リュウ・ヨンギ)

 在日韓国人3世です。

 出身地は、東京。

 国籍は、韓国。

 父親は日本人で、母親が韓国人でバレーダンサーでした。

 妹がいます。

 母親が世界中を飛び回っていて、Verbalと妹は母にくっついてあちこち行かれました。

 母親がある時、ハーバード大学で学生をしていました。

その時に兄妹はニューヨークのYMCAサマーキャンプに入ったりして、英語が自然に身についていきました。

 スクールバスで通学中、バスの中で子どもたちがRUN-D.M.C.の「It’s Tricky」を歌っている事にカルチャーショックを受けました。

アナザースカイでも、Verbalさんが衝撃を受けたことを語っています・・

RUN D.M.C. “It’s Tricky”

 

この辺りから、Verbalさんはヒップホップに興味を持つようになりました。

そして、14歳の時から、英語のリリックを書き始め、ラップをするようになりました。

 

 東京都世田谷区のセント・メリーズ・インターナショナル・スクール(1993年度クラス)に通いました。

☆ 同スクールに通っていた☆Taku Takahashiがミクスチャー・ロックバンド “N.M.D.”をやっていて、Verbalも加入。

1992年からN.M.D.はライブ活動をスタートし、複数のレコード会社からメジャーデビューのオファーを受けたりしました。

でも、VERBALはラッパーとして音楽をやっていくのは現実的ではないと考えていて、音楽活動を止めることにしました。

 ボストン大学に通いはじめ、哲学とマーケシングを専攻しました。

 大学に入って一年目に、大恋愛と大失恋を経験しました。心が大きく傷ついたVerbalは、当時のルームメイトに励まされ、プロテスタントのクリスチャンとなりました。2007年にはパワー・フォー・リビングという団体のCMにも出演しています。

 大学卒業後は証券会社で一度は働くものの、ゴードン・コンウェル神学校に入学して牧師を目指しました。少年院で数学を教えたりもしました。

 

☆☆ しかし、Verbalに転機が訪れます。 ☆☆

1998年、大学院の冬休みにVERBALは日本に一時帰国し、☆Taku Takahashiがリミックスを手掛けた楽曲『The Way We Were』 に、Verbalがラップを入れました。

その楽曲を、ARTIMAGEの浅川真次が高く評価したのです。

 

VERBALは、☆Takuと一緒に m-flo を結成して数曲を製作しました。

2人の共通の友人であったLISAもボーカルとして楽曲製作に参加しました。

楽曲『been so long』を浅川氏は高く評価し、3人でm-floとしてデビューする話が持ち上がったのです!!

 

VERBALはラッパーとして生計を立てていくのは難しいと考え、大学院卒業後は牧師になると決めていました。でも、浅川氏が強烈に説得しミュージシャンとしてのキャリアをスタートすることになりました。

m-floとしてデビュー後、アルバム2作目までは、学業と音楽活動を両立させるため、日本とアメリカを行ったり来たりしました。

Verbalさんは、m-floとしての活動以外にも、フィーチャリングワーク、様々なユニットへの参加やプロデュース、DJなど多岐に渡って活動しています。

 

 2002年、グラフィック・デザイナーのYOONと共にデザインチーム「AMBUSH DESIGN」を設立。

LINK: AMBUSH DESIGN

 

☆ Verbalさんは、大学時代からYOONさんとお付き合いしていて、2004年に彼女と結婚しました。

verbal05
出典:http://www.fashionsnap.com/inside/ambush/

 

YOONさんは、アメリカ生まれの韓国系アメリカ人。とってもカッコよくてファッションセンスのある人で、Verbalさんは一目惚れ?!だったのかも!

ジュエリーのデザインブランド「ANTONIO MURPHY & ASTRO」を開設しています。

LINK:ANTONIO MURPHY & ASTRO

 

Sponsored Link

 

 2011年には、リーボックのアジア地域クリエイティブ・ディレクターを務めています。

 2012年には、デビュー当時から所属していたアーティマージュから独立。

彼が手掛けるジュエリーブランド AMBUSH®を運営する、有限会社 柳にて、m-floと共にマネージメントされることになりました。

 

 2014年、PKCZを結成しました。

 PKCZ

(Primal Knowledge ChamberZ)

PKCZとは、EXILE HIROの呼びかけにより集結したグループ。

音楽、ファッション、パーティーなどをプロデュースしています。

メンバー:

  • EXILE HIRO – プロデュース
  • DJ MAKIDAI(EXILE) – DJ
  • VERBAL(m-flo) – MC、DJ
  • DJ DARUMA(元DEXPISTOLS) – DJ

配信シングル:

  • BREAK THE BORDER(2016年9月22日)
  • PLAY THAT feat. 登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY(2017年4月28日)

アルバム:

  1. 360° ChamberZ(2017年8月2日)

2017年8月2日にLDH MUSICから発売予定です!

 

 2016年4月15日、ヒップホップユニットHONEST BOYZを結成しました。

 

 2016年12月24日、三代目 J Soul Brothersのライブ出演のため札幌に向かう途中、乗っていた車が交通事故に遭い、肋骨骨折、肺挫傷など全治2、3カ月の怪我をしました。

 

 Verbalさんは頻繁にロサンゼルスに仕事に行ってます。

近いうちに、LAに、ダンスとレコーディング・スタジオを完備した建物を創る予定です。

ここでは、LAに住むアーティストや、日本から訪れるアーティストが気軽にコミュニケーションを取り、レッスンを受けたり、レコーディングできる場所になるそうです。

LAにもLDHの拠点を創るんだそうです!

これから益々日本とアメリカの融合が期待されます!

Verbalさんもとっても楽しみにされてます!!

アナザースカイでその建設予定地などが紹介されました。

完成はもうしばらく先のようです!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です