DJ PUNPEEの年齢は?宇多田ヒカルremixで全米チャートイン

宇多田ヒカルの – 光 -Ray Of Hope MIX- (Remixed by PUNPEE)が全米チャートで2位にランクインしました!

日本人でこの順位の獲得は初めてのことです。前年は、PPAPが全米でチャートインしたばかりですが、今回も日本人によるチャートイン!!日本人として嬉しい限りです!!

 

 

ray of hope

2017年1月17日付のチャートです。しっかり2位にランクインしています!

Utada Hikaru – Simple and Clean (Ray of Hope Mix) – EP

海外では、「Simple and Clean 」 というタイトルです!

しかも、New Entry で二位の獲得です。すごいですね!

 

Sponsored Link

 

DJ PUNPEE

 

PUNPEE (パンピー)さんは、ヒップホップMC、トラックメーカー、DJ、シンガー、サウンドエンジニアとして活躍しています。

1984年、巣鴨で生まれの33歳!

2007年、学生のときの同級生GAPPERと、実の弟S.L.A.C.Kと組んで、PSGという名前でヒップホップユニットとして活動しています。

 

こちらが、PSG 「眠れない!!!」 という楽曲です。

 

PUNPEEさんについて:

映画や、アメリカンコミックが大好きです。

父親が山下達郎が好きで、小さい時から彼の音楽をそばで聴きながら育っています。

宇多田ヒカルが大好きで、それを公言しています。

DOMMUNE (ライブストリーミングチャンネル) 『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』 という特番に出演し、彼女の楽曲のみのDJを披露しました。

後日、その模様が、アルバム公式サイトに掲載されました。

彼が好きな宇多田ヒカルのアルバムは、「DEEP RIVER」。

好きな曲は、「For You」 とか 「In My Room」。

普段は音の要素を聴いていることが多く、グルーブ感やビートが太いものが好きです。

歌詞の良さに気づいたのはだいぶ後になってから。

 

プロモーションビデオの制作も手掛けます。とてもこだわりが強く、何度も編集を重ねていきます。

 

まとめ

 

PUNPEEさんは、宇多田ヒカルとのタッグを組み、それが初の全米で2位のチャートイン!!

この快挙がどこまで続くのでしょうか! 見守らせていただきます。

SNSのおかげで、世界中の音楽が身近に感じられてきました。

以前のアメリカでは、海外のアーティストが全米でトップにチャートインするには、綺麗な英語が必要でした。今でもそうなのですが、クセのある英語での楽曲は、アメリカ人は全く受け付けません。

過去に数々の日本人アーティストがアメリカでのチャートインを目指し、頑張ってきました。

音楽を聴いていて思うのですが、アメリカ人の心に響く音楽のツボと、日本人が聴いていいなと思うツボが違うのです。アメリカ人が聴いて、いいなと思うツボを過去の日本人アーティストは、なかなか押せませんでした。

宇多田ヒカルさんは、英語がネーティブでもあるし、海外育ちでもあるので、そのツボを聞きながら育っています。

なので、彼女の音楽作りは、海外の人たちの的を得ているでしょう!

この曲は、2002年に発表された曲ですが、PUNPEEさんの手によるリミックスが更に磨きをかけ、今の時代に合った音楽に作り替えてくれました!

音楽って素晴らしいですね。

日本には名曲がたっぷりあります。

アレンジを変えるだけで、どのようにも変化します。

今後、また古い曲でもアレンジ違いの名曲が出てくるのを楽しみにしてます!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です